マテ茶でダイエット

マテ茶で鉄分を採ろうと飲み始めた。ペットボトルでも販売されていて、最近親近感はあった。私はネットで茶葉を購入して、急須で自分好みの濃さにして飲んでいる。かなり濃くして飲むと胃がきゅっと締まる。これが鉄分を補給しながら、なんとダイエットもできた。こってりしたものを食べたときに黒烏龍茶を飲むといいと聞いたことがある。この作用と同じなんだろう。こってりしてなくても、何か食べる前に飲んだりすると時間を置かずに便意がくる。身体も軽く引き締まった感じになる。毎日飲むものでダイエットならずっと続けられる。特に飲みにくいものでもないので、抵抗はない。ダイエットは日々続けることが大事だと思う。毎日ストレスがある方法では全く続かない。好きなものを食べて、お茶を飲むだけで痩せれるなら誰でもできると思う。マテ茶鉄分もかなりの量が含まれているので、お陰で貧血の症状の立ちくらみも全くなくなった。夏になるとさらに日差しのストレスや食欲不振などあるが、マテ茶で撃退したい。

そうは思ってもダイエットはなかなか難しいのが本音なので、出来ることならキャビテーションを体験してダイエットしたいと思っている。キャビテーションは即効性があるから、なかなか痩せられない私でも痩せる事ができるんじゃないかと思う。

お腹が空いた時だけ食べるダイエットで効果的に体重減少!

基本的に運動量より食事量、カロリー摂取の方が多ければ、なかなか痩せないに決まっています。そこである先生の言っていた事が頭を過りました。”三食きっちり食べているのは人間だけ”と言う言葉です。また健康を維持しているタレントさんの多くが、やはり一日三食食べる事はないと言っていました、説得力を感じますよね。朝昼晩の食事を規則正しく取るのが当たり前の様に思って居ましたが、そこを一寸変えてみました。”お腹が空いた時だけ腹八分食べるだけダイエット”です。空腹を感じない時は、お昼だからと言って無理に食べないんです。”なんとなく食事をする”を止めてみました。するとそれだけで体重に3~5キロの上下が現れました。食べないと言う事ではないので気持ちも楽です。”ちゃんと食べない”だけなので続けられそうな方法かもしれません。

そして、キャビテーションを併用する事でリバウンドする事なくダイエットできてしまうんです。この事に気付いてからはキャビテーションも取り入れてしっかりとダイエットするようになりました。すると、体重もちゃんと減るので楽しくダイエットできています。

ダイエットとキャビテーション

1.ダイエットについて考える
ダイエットは難しいですね。なぜかというと、自分は太っているな~と思っているくらいでダイエットするのは心の動機として不十分に感じられるからです。そもそも太りすぎているという状況になるだけの生活習慣があります。そこを見直したり、まして変えるとなるとなかなか大変です。筆者は出産経験がありますが、出産育児経験を通してかなり食生活を見直しました。妊婦や赤ちゃんを育てている立場で世の中の食品をみるといかに糖分、油分、化学調味料が多いかがわかりました。それから癖になる依存性のある嗜好品的食品が多いのです。白砂糖系お菓子やお酒チョコレートなどがあげられると思います。ダイエットするにはできるだけ日本人的な、ご飯とだしをとった味噌汁を基本に食べ、味覚異常を改善し、適度な運動をして、自分の体の声に関心をもつこと、ごちそうはごくたまにの感覚にして食生活を送ると自然に太りすぎは抑えられると思います。消費税も上がったのでしばらく質素な食品が流行するかもしれませんね~。私も質素な食生活を心がけつつ、それでもダイエットしにくい場合にはキャビテーションを体験してみたいと思います。初回であれば3,000円程度で体験できるそうなので、いくつかお試し価格で体験できるエステサロンを巡ってみようかと思います。これなら通常料金で1回受けるよりも各エステサロンの違いもわかるし、金額的に全部お試し価格で体験できたら相当安上がりだと思うんです。早速キャビテーションを試してみようかな。

こちらが参考になりました→キャビテーション 効果

いろいろなダイエット法とリバウンドしないキャビテーション

1.体幹ダイエット
私はダイエットとは今なかなり無縁な方です。開き直りでなくて、普通に太ってないのです。しかし、昔は体型に不満を抱えて、ダイエットをしていました。ダイエットの内容は体幹トレーニング、というものです。あるバドミントン本のトレーニングを参考にしていました。やり方はつま先、両腕の4点で身体を支えてじーっとしてるというもの。ポイントは腰を浮かさずしずめず真っ直ぐにする事です。片足にしたり、片手にしたり、色々なバリエーションで合計3分。体幹を鍛えると代謝が上がるので太らなくなりました。今ではキャビテーション痩身というのがリバウンドせずにダイエットできると評判のようです。

2.体型維持
温泉が好きで週に1度、温泉に行っています。そこで子供からお年寄りまで様々な人の体型を目にしますが、小さな子供を何人も連れていても比較的きれいな体型な方もいれば、同じ子連れでもそうでない体型の方もいらっしゃいます。これから出産を経験するであろう私から見たら、何がこうも産後の体型を変えてしまうのか不思議で見てしまいます。私の家系は産後にお腹がぽっこり出る家系だから、正直、今から不安です。「あーなりたくない」と思って、エクササイズで体型を維持しているけれど、妊娠中の十月十日を経たらどんな人でも体型は崩れるよね!?だけど、私はそうはなりたくないので、エステでも酵素ドリンクでもなんでも試してみたいと思っています。中でも今注目しているのはキャビテーション痩身です。これなら寝ているだけで痩せられるのでいいかも。

キャビテーションはすぐに痩せられる?他にすぐに痩せられる方法は?

1.「簡単」・「すぐ」には痩せられない
ダイエットしようと、ネットを検索してみると、「簡単」、「すぐ」に痩せられるなどのページが良く見つかる。実際、簡単に痩せられるのならほとんどの人が痩せているだろうし、すぐに痩せられたら体に悪そうで怖い。本気でダイエットをしようと思えば、毎日の生活習慣や食事などから改善し、運動して痩せるためには毎日少しずつでも続けていくことが必要だ。1週間続けて痩せなかったから諦めてやけ食いに走る・・・といった話を良く聞くが、もっと続けていれば変わるのにと、いつも思う。結局、ダイエットに一番重要なのはその手法ではなく、毎日続けていける「根気」ではないかと思う。だけど、私はキャビテーションを体験して考えが変わった。こんなに即効性があるならもっと早くに試してみるべきだった。キャビテーションの効果は本当にすごかった・・

2.ダイエットの目的
ダイエットの話題って凄く世間の感心が高くて、私自身も凄く惹かれる話題です。確かに女性にとっては永遠のテーマなんて言われていますし、きっと皆なりたい理想のスタイルがあるものですよね。ダイエットをする目的は人によって違うと思います。健康面を気にしてのダイエット、コンプレックスを克服する為のダイエット、など様々ですよね。私はオシャレを楽しみたくて、どんな服も着こなせる女性になりたいからダイエットしたいです。ダイエットを成功させるには目的を明確にする事が一番ですよね。私もボンキュッボンな体型を目指して日々努力しようと思います。だけど、ボンキュッボンにするには部分痩せできないと無理なので、部分痩せのできるキャビテーションを体験してみたいと思います。

キャビテーションと食物繊維・サウナスーツ

1.食物繊維
ダイエット中に食事制限をすると、便秘になる方が多いのではないでしょうか。便秘に良い食事内容として食物繊維を積極的に取りましょう。食物繊維は腸に働きかけますので、便秘改善につながります。きのこ類やりんごは食物繊維を多く含む代表的な食材です。身体を冷やしてしまっては便秘改善につながりませんので、きのこ類をスープにして飲むことをおすすめします。スープの中に流れ出たエキスも大切ですので、飽きないよう味を整え、身体を温めながら食物繊維を摂取しましょう。そして時間がある時にはキャビテーションを体験してみましょう。キャビテーションなら即効性があるし、リバウンドしにくいのでかなりオススメらしいです。

2.サウナスーツ
ダイエットで大切なことは代謝をあげることです。ただ運動をして汗をかき、カロリーを消費するにも限界があります。とくにダイエット中は食事制限をし、代謝が落ちる可能性が高いですので、運動を行っても効率が悪くなってしまいます。そこで運動の際にサウナスーツを着用することをおすすめします。サウナスーツを着用することで、普段よりも汗をかきやすく、短時間で身体が温まってきます。汗が出やすいので充分に水分補給をしながら、身体の中からデトックスを行うことで、代謝も上がり、ダイエット効果が得られます。それでもダイエットが続けられない人はキャビテーションエステを体験してみましょう。キャビテーションエステなら寝ているだけで良いので、何もせずにダイエットする事ができます。

今行っているダイエットの他にキャビテーションを取り入れよう!

1.お風呂でダイエット
お風呂に毎日浸かることで身体の汚れが落ちるだけではなく、身体が温まり代謝アップにつながります。基礎代謝を上げることがダイエットの近道です。毎日お風呂に必ずつかりましょう。浸かり方も体調を見ながら半身浴にするのか、反復浴にするのか判断しましょう。確かに半身浴は身体の芯から温まるので良いとされていますが、肩が冷えてしまいやすいので、冷え性を気にしている方は反復浴にすると良いかもしれません。また湯船に浸かりながら足裏を押したり、リンパの集中している部分をおすと血流がよくなり効果的です。キャビテーションも効果的なので、たまにはキャビテーションを受けるとリバウンドせずにダイエットできるかもしれません。

2.ながらダイエット
ダイエットを始めようと決意してもなかなか効果がでなかったり、何から始めればよいのだろうと疑問に思う方も多いと思います。簡単にできるのがながらダイエットです。足首を回し血流を良くして柔軟、ストレッチを行う。洗濯物を干すときや歯磨きを行う際はスクワットをしながら行う。テレビは主電源から消して、つける度に席をたつなど日常生活での行動を大きくします。特別なトレーニングを行わなくとも、普段の生活行動を変えるだけで運動となります。だけど、そうは言っても年齢を重ねる毎に痩せにくくなってしまうので、そのような時はキャビテーションを体験してみるのも良いかもしれません。今ならキャビテーションをお試し価格で体験できるので、それこそ30代から40代の人にはとってもオススメなダイエット法です。

キャビテーション以外のダイエット法

1.骨盤
ダイエットにおいて重要なのが身体のバランスです。骨盤がずれてしまってしると内蔵が正常な位置になく、不調がおこりがちです。そのため代謝が落ち、運動の効果が得られづらかったり、冷え性や便秘などにつながってしまいます。まずは正しい姿勢を意識し、足を組んだり、猫背を矯正します。正しい姿勢をすることで背筋腹筋ともに鍛えられますし、骨盤を矯正することでヒップアップ効果があります。
まずは骨盤を正しい位置に戻し、姿勢を意識して生活することで、自然と筋肉が鍛えられ、代謝があがり、ダイエット効果が得られます。それでもダイエットできない時はキャビテーションエステを体験してみるのが良いでしょう。

2.日々ダイエット
思えば長い間、常にダイエット中の私。年齢とともに代謝もどんどんと悪くなる。食べる量も、一日の活動量も変わっていないのに、なぜ体重が増えていくのだろう。フィットネスクラブで汗を流した頃もあったけど、すでにそこまでのパワーもないので、今はもっぱら歩いたり、自転車で遠くまで買い物に行くくらいでしょうか。家の中ではテレビを見ながら、料理をしながらウエストをねじってみたり、足を上げたり・・・。とても甘いものを食べたくなったりすることもあるけど、ほどほどの間食もしながら、いろいろなおかずを少しずつ食べて、お腹がパンパンに膨らむような食事を取らないようにすることも心がけている。たまにはキャビテーションエステをお試し価格で体験して簡単にダイエットしたいものです。

キャビテーションの他に効果があるのは!?

1.音楽聞きながら運動するだけで痩せる!!
ダイエットはいろいろあるけど、私が一番効いたと思っているダイエットは、エアロバイクです。自転車みたいなジムによくあるマシーンですが、家庭用も安く買えるので私も一台持っています。映画とか音楽聞きながら、できる運動なので、楽に続ける事ができるのでオススメ。一ヶ月で5キロも痩せた事もあるので、まじめにやれば確実に痩せる事ができますよ。いろんなダイエットが、続かない私でも続ける事が出来たので、凄いダイエットですね。そんな私ですが、最近はキャビテーション痩身に注目しています。キャビテーション痩身なら今以上にメリハリのある体型になれると思うんですよね。

2.マッサージとキャビテーション
身体をマッサージすることでむくみを防止し、ダイエットにつながります。ヒールや先の細い靴を長時間履いていると足はむくみがちですし、1日の終わりにしっかりとケアをしなければ、むくみはセルライトにつながってしまいます。お風呂に入り、身体を温めてから足先から順にマッサージを行いましょう。足の指を一本ずつほぐし、足首をまわします。その後ボディクリームなどを使ってふくらはぎとすねをマッサージし、膝裏をしっかりとほぐした上で太腿をマッサージします。鼠径部や脇、鎖骨などリンパの集中している部分は念入りにほぐすことで血流がよくなりむくみ防止となります。むくみを防止することがダイエットへの一歩です。そして時々はキャビテーションを体験する事でリバウンドする事なくダイエットする事ができてしまいます。

キャビテーションは停滞期の救世主!?

1.ダイエットは停滞期に諦めるか、前向きにがんばるかです
ダイエットで何がキツいかと言えば、体重が全然減らなくなる時期ですよね。この時期は必ず来るので、最初から来るものだと思っていた方が気が楽ですね。そして必ず体重は、減りだす事も知っておくといいですね。むしろダイエットが順調なんだと言い聞かせる事で乗り越えられると思いますよ。怖いのはこの時期に諦めてしまう事ですね。この時期にダイエットを諦めると、リバウンドという一番ダイエットにとって恐ろしい事が待っています。停滞期になっても前向きで頑張りましょう。もしくはリバウンドしにくいキャビテーションを体験するのもありかもしれませんね。

2.体型の変化を認める?
痩せる目的でエクササイズを始め8年経ちます。20代の頃はやればやった分、ウエストが引き締まるし、食事の加減で体重はコントロールできたし、自分でどうにでもなるからエクササイズも手抜きする日が多かったけれど、30代になるとお腹周りにお肉が定着。毎日のようにエクササイズをしていないと体のラインがすぐ崩れるし、日々の成果が体重に現れるまで時間がかかるようになりました。仕方のないことなんだけど、仕方のないことで片付けたくないと思うんです。そうやってハードルを低くしてしまうと、体のラインは崩れる一方になりそうだから。顔は化粧で誤魔化しがきくけれど、体はそうはいかないから難しいところですね。どうしてもって時はキャビテーションエステを体験して即効で痩せるしかないかな。

キャビテーションダイエットやその他のダイエットの効果

1.ヘルシーそうなものダイエット
女性なら誰しも綺麗でいたいと思い常に頭にはダイエットの文字が浮かんでいる人は多いはず。でも、忙しいとどんなダイエットが良いのか情報収集はなかなか出来なかったりします。だから、一番簡単に手をつけられる食事から頑張っています。食材の知識もあるわけではありませんが、何となくヘルシーそうなものを取り入れつつヘルシーそうな調理を心掛けいます。これなら食べたいものを我慢せずにストレスを溜めることなく今の所できています。余裕がある時はちょっとストイックにヘルシーにしてみるなど、自分の体の声を聞きながら出来るのも良いです。そして時間がある時はキャビテーション痩身を体験しに行っています。

2.ダイエット始めました
ここ最近キャビテーションダイエットやいろいろなダイエットを始めました。初めに行ったダイエットは朝ホットヨーグルトだけを食べるというものです。テレビでやっていたのでこれなら自分も続けられると思ったからです。ダイエットなんてしたことありませんでしたが、産後体重が戻らず1年以上たってしまいました。小さい子が居ると中々運動も自由に出来なくて筋トレ位しかできませんでした。ホットヨーグルトダイエットはそれだけで、1ヶ月ちょっとで2.3キロ体重が減りました。

3.まずは歩いてダイエット
最近夜の時間があるので、お散歩がてら歩いてダイエットしています。比較的街に近いため灯りもあり不審者などにも遭遇せず、今の季節は快適です。汗も心地良くかけています。時折すれ違うランナーさんともちょっとした顔見知りになり、励みになります。昼間働いている方はやはり夜に運動が多いようです。飲物などは持って出掛けず摂取しておくか帰宅してからにしています。服装も選ぶ楽しさがあり、休日に可愛いタオルやシューズを見つけるのがとても楽しいです。これなら無理をせず楽しんで歩くダイエットが続けられそうです。キャビテーションはそれでも太ったと思った時に行っています。

キャビテーションはセルライトに効果あり?

1.運動の甲斐あって、だいぶ太ももが引き締まりました。そこで気になったのがセルライト!前の太ももを見る限り何も気にならないけれど、横・後ろ太ももは酷いことになっていました。太ももを少しひねるだけでセルライトのボコボコが露わになります。お尻の垂れも気になるけれど、それよりもセルライトは運動で無くなるものではないらしいから、いや~困った。マッサージで無くすしかないんですよね。でもこのセルライトが無くなったら、どんだけ太ももが細くなることか。体重も3kgは軽くなるだろうな。

2.ダイエット食品やサプリに頼らないでキャビテーションに頼る!
ダイエット食品やダイエットサプリなど様々試してきたけれど、食事を見直すことで体を整え、尚且つ、代謝を上げるために運動するのが一番自然体で、自分に合っているように思います。今、ヨーグルトは毎日朝食に食べ、キムチや納豆、ごぼうなどは気が向いた時に食べるようにしているけれど以前に比べてお腹が楽になりました。薬を使って便秘を解消していたときは腸に負担がかかる気がして、大好きな食べることで便秘を解消してみようと思って食生活を見直したら解消しました。人間生きていく中で、「食べる」って行動は大切ですね。あとはキャビテーションを週1で受けてダイエットしたいと思います。

3.キャビテーションダイエットを続けて
ここ2カ月間キャビテーションダイエットをしています。大きな体重変化はありませんが、1カ月ちょっとで2.3キロ体重が減りそこから体重に変化がなくなってきたので、違うダイエットを始めてみました。朝はほうれん草と、イチゴ、バナナをミキサーにかけグリーンスムージーダイエットを始めました。1週間体重の変化はありませんが、顔や太もも体全体のむくみがなくなりスッキリとしました。まだ始めて日が浅いので続けて行けば体重も減るのかと思います。